こんにちは、子育て調査隊のしなちゃんです
今回ご紹介させて頂くのは、東淀川区内に3店舗を構える自転車屋さん【カンザキ】さんです!


皆さんは、自転車にどのくらいの頻度で乗りますか?
家庭の生活スタイルによって、自転車には滅多に乗らない方もいらっしゃるでしょうし、自転車には毎日乗る!生活に欠かせない存在!という方もいらっしゃると思います。
私は後者で、雨が降らない限り自転車に乗って長男を幼稚園まで送迎しています。
車を持っていても、一方通行の道が少なくない東淀川区、自転車がとても便利で使い勝手が良いですよね。
そこで今回は、東淀川区内に3店舗、お隣の吹田市にも3店舗、兵庫県伊丹市にも1店舗を展開する自転車屋さん【カンザキ】さんで、【子ども乗せ自転車】の選び方について教えて頂いてきましたよ♪
お話を聞かせて下さったのは、【カンザキ】エバーレ店店長の増田さんです!
【カンザキ】エバーレ店の店内にも店頭にも、所狭しと様々な種類の自転車がディスプレイされています。
_20170116_173319


自転車の種類

まず、自転車は電動タイプの自転車と、電動でないタイプの自転車分けることが出来ます。
それぞれの自転車には【子ども乗せタイプ】(自転車のフロント部分にチャイルドシートが搭載されているタイプ)の自転車がありますが、もちろん子ども乗せタイプの自転車でなくても、チャイルドシートを前後に取り付けることで、子どもを乗せることも可能になります。
しかし、チャイルドシート(前)を取り付けるより、【子ども乗せタイプの自転車の方が子どもの身体全体をチャイルドシートが包んでくれるので、安全性が高く、低月齢のお子さんも乗せることが出来ると教えて頂きました。
_20170116_172920  _20170116_173047
(写真左:電動タイプ、写真右:電動ではないタイプ)

 

今、人気の自転車は?

断然人気は【電動タイプの子ども乗せ自転車】とのこと!
東淀川区内でも、良く【電動タイプの子ども乗せ自転車】を見かけますよね。 
人気の
【電動タイプの子ども乗せ自転車】、価格は10万円以上の高額商品にも関わらず、ママが子どもを乗せて走られる初めての自転車としても最近は人気が高いそう。
以前は、子どもの体重が重くなってきて、【電動タイプ】に買い替えるという方が多かったらしいですから、
【電動タイプの子ども乗せ自転車】が、広く一般的になってきたということでしょうか。
中でも、前輪後輪共に小さい20~22インチのものが人気で、安全性や乗せやすさの面からママたちの支持を得ているそうです。
【電動タイプのシティサイクル】
にチャイルドシート(前)を取り付けるという方は少数派だそうです。
_20170116_173201

 

電動自転車 のメリット

電動タイプの自転車のメリットは、何と言っても【走り】です。
私自身、【電動タイプの子ども乗せ自転車】ユーザーなのですが、風が少し強い日に子どもを前に後ろに乗せていてもグングン進んでくれます。もちろん、電動でないタイプの自転車よりもスピードがでるので、安全運転を心掛けています。
子どもを乗せていても、乗っている間は重さを感じないのでドンドン漕ぐ事が出来るので、私の場合はJR吹田駅前や摂津市・イオン守口店まで子どもを乗せて買い物に行くこともあります。主人は長男・次男を連れて鶴見緑地へも行っていますね。
豊里大橋でさえ簡単に渡ることが出来ると、車を所有していないご家庭の行動範囲も広がりますね。

 

電動自転車のデメリット

子どもが乗っていない状態でも自転車本体に重量感があります。
また、バッテリーを充電する必要もあります(充電時の電気代はそれほどかからなとのこと)。
私は「さぁ出かけるぞ!」と自転車の電源を入れようとしたら…電源入らない…仕方なくそのまま出発した経験があります。(電動自転車なのに何でバッテリー付けてないの?と思われたら恥ずかしいので、バッテリーはそのままで)
防犯面から言えば、バッテリーの盗難事件もあるそうで、使用後はバッテリーを家に持って入った方が安全ですが、マンション住まいで駐輪場からお家まで距離がある方は、いちいち重いバッテリーを取り外して持ち帰ることが面倒だという意見もあるそうです。(小さなお子さんの手を引いていたり、お買い物した荷物があったりと、ママは手がいっぱいなことも多いので)
また、何と言っても高価であるということ。
【電動タイプの子ども乗せ自転車】は10万円以上。となると、簡単に購入は出来ませんよね…。
もちろん、【電動タイプの子ども乗せ自転車】でなくても、【電動タイプのシティサイクル】であれば10万円以下で購入することが出来ますので、ハンドル部分にチャイルドシート(前)を装着することで、少しですが費用を抑えることが出来ます。
約5~6年でバッテリーやモーターの交換が必要になる場合もあるそうです。
バッテリーが劣化することで、アシストするパワーが弱くなったり、充電がもつ時間が短くなったしすることがあるますが、バッテリーは新しい物とを購入することで対処出来ます。
モーターはメーカーで交換してもらうそうです。しかし、モーターに問題があった場合、修理代金が高額になるため、ほとんどの方が新車に買い替えるそうですよ。

電動子ども乗せ自転車について

チャイルドシート(前)搭載タイプ

tq
2015 ブリヂストン ANGELINO E <A26L85> アンジェリーノ E 110,000 円(税込)
(※画像はカンザキHPより引用)
pana-lemd032m
(※画像はカンザキHPより引用)

最も良く見かけるこのタイプ。 【自転車の種類】でも書いたように、自転車のフロント部分にチャイルドシートが搭載されているタイプは、子どもの身体全体を包み込んでくれるので安全性が高いです。
また、腰が据わったタイミングでする事が出来るようになるので、他のチャイルドシートより低月齢から使用出来るのもポイントです。
通常であれば、カゴの付いている位置にチャイルドシートが搭載されているので、お子さんがチャイルドシート(前)に座っている時期は後ろに荷物用のカゴを付け、リアシートに乗ることが出来るようになれば、カゴを外してリアシートを付けるということです。
その場合、買い物した時はどうしたらいいのか…?私自身、日頃からとても気になっていました。
我が家はフロントのチャイルドシートに次男が、リアシートに長男が座っているので、フロントのチャイルドシートをカゴ代わりに使うことも出来ず、困っていました。
もちろん、ハンドルに掛けて走行するのは危険ですので、お子さんにお手伝いしてもらったり、リュックサックを活用して下さいと教えて頂きました…が、リュックサック、子供の着替えやオムツ、水筒なんかで、既にパンパン、お買い物した物が入るスペースなんてないわ~という方もいらっしゃいますよね。さて、どうしたものか?皆さんどうされているのか、是非教えて欲しいです。
【電動タイプの子ども乗せ自転車】は ブリヂストン・ヤマハ・パナソニックが主流で、いずれのメーカーからも【電動タイプの子ども乗せ自転車】発売されており、性能に大きな違いはないそう。
一番の違いはタイヤ。 ブリヂストン・ヤマハのタイヤはパナソニックのタイヤに比べて太めです。
タイヤが太くなっていることで、走行時のクッション性とタイヤの耐久性が増すそうです。
しかし、ショッピングセンターのレール式の駐輪場などでは、レールにタイヤが入らないこともあるそうです。
自転車は近所のスーパーやお子さんの送迎に利用して、大型ショッピングモールなどへは自家用車を利用するという方は、タイヤが太くても問題なさそうですね!
基本的には、フロント部分のチャイルドシートは取り外せないとのことでしたが、チャイルドシートに乗る年齢のお子さんがいなくなったら、チャイルドシートをカゴに取り替えることも出来るそうです。
 

カゴつきタイプ

red (1)
2015 ブリヂストンHYDEE.Ⅱ <HY685C> ハイディー 2 123,000 円(税込) (カゴはオプション)
 (※画像はカンザキHPより引用)
dgr
 (※画像はカンザキHPより引用)
チャイルドシート(前)搭載タイプよりスタイリッシュでカッコいいですね! 
カゴが付いていますから、買い物した物をどこにのせるか問題も解決します。
ハンドルにチャイルドシートを固定して使用します。
チャイルドシート搭載タイプと違い、チャイルドシートは取り外すことが出来るので、お子さんの成長に合わせて普通の自転車として使用することが可能なところがポイントです。
また、フロント部分にチャイルドシートを、後ろにリアシートを付けても、カゴはありますので、荷物を置く場所をしっかり確保出来るというのは、かなりの強みですね!
電動自転車の便利さとカッコよさを両立したいお母さんに人気のタイプとのことでした。
こちらもブリヂストン・ヤマハ・パナソニックから発売されており、タイヤの太さはチャイルドシート搭載タイプと同様、ブリヂストン・ヤマハの2メーカーが太めのタイヤを使用しています。

タイヤの大きさ

安全面・乗せやすさの面からも、前輪後輪ともに小さいタイプが人気と【カンザキ】エバーレ店店長の増田さんに教えて頂きました。
我が家の自転車も前輪後輪ともに小さいタイプですが、実際に乗ってみると…身長約160㎝の私は全く問題ありませんでしたが、身長約178㎝の主人が乗ると、フロント部分のチャイルドシートに膝があたってしまい、少々漕ぎにくいということもありました。
また、電動自転車であれば、タイヤが小さくてもモーターがアシストしてくれているので気にならないそうですが、電動でないタイプの自転車の場合、タイヤが小さい20~22インチの自転車は、他の自転車を比べて【走り】の部分で劣ってしまうそうです。

主に自転車を使用するのは誰なのか・用途は何なのか家族で話し合い、タイヤの大きさを決めると快適に乗ることが出来そうです。
お子さんの安全面は最たるものですが、見た目・乗りやすさ・操作性なども加味した上で、それぞれのご家庭の生活スタイル(自家用車の有無など)にぴったりの一台を見つけて、快適な東淀川区lifeが過ごせたら良いですね!

 
【カンザキ】エバーレ店 基本情報
○住所:大阪府大阪市東淀川区 東淡路1−5−51
○電話番号:06-6322-9191
○営業時間:エバーレショッピングセンター内
○定休日:火曜日
○駐車場はタイムズ駐車スペースに駐車してください。(詳しくは、エバーレショッピングセンター公式HPでご確認下さい)
○自転車の場合は店頭にどうぞ
○カンザキHP はこちら
○カンザキ facebook はこちら
○カンザキ ブログ はこちら