みなさん、こんにちは!子育て調査隊・クミです

今回は、『大学の無償化』について調べた内容をまとめていきたいと思います。

35918af5b268d65c5d4f18cf519b426e_s

大学の無償化??

ソンナ話があるの??
実は、2019年5月、大学や専門学校などの高等教育を無償化する「大学などにおける就学の支援に関する法律」通称:大学無償化法 というのが成立されたそうです。
実施されるのは2020年4月から。

無料になるにはどんな条件があるのでしょうか。


詳しく調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

大学無償化とは・・

大学の無償化と書きましたが、正確には「高等教育の無償化」といわれ、
①授業料減免は入学金と授業料をそれぞれ免除する授業料減免制度
②意欲ある子供たちの進学を支援するため、授業料・入学金の免除または減額と、返還を要しない給付型奨学金

の2種類をさします。

対象になるのは4年間の大学だけでなく、短期大学、高等専門学校、専門学校も含みます。

これらの費用は、消費税率10%への引上げによる増収分の一部を財源とするようです。

対象になるのはどんな人?

授業料の免除などを受けることが出来るのは、「住民税非課税世帯」や「それに準ずる世帯」の学生たちです。

所得基準があり、子供の人数や、片親か二人親かによって所得の上限は異なります。

75e53d4448e1e2458319d198b7c42715-30
上記は文部科学省のサイトの中より票を抜粋したものです。

例えば、
ふたり親世帯(両親が生計維持者)、子ども2人のご家庭での場合を考えます。
家族のイメージとしては、
■お父さんが会社員
■お母さんが専業主婦
■大学に進学を希望している高校3年生の娘
■中学生の弟
 といった感じです。

授業料などの減免と給付奨学金の適用を受けるには、この家族が「第1区分」に該当する場合、年収の目安は約270万円まで、一方、「第2区分」・「第3区分」に該当する場合は、それぞれ、約300万円まで、約380万円までとなっています。
 
従来では、住民税非課税世帯に準ずる世帯という区分がなかったため、今回の要件の緩和により、世帯年収の目安の上限が引き上げられた形です。

他にも、
・日本国籍、法定特別永住者、永住者又は永住の意思が認められる定住者であること。
・高等学校等を卒業してから2年の間までに大学等に入学を認められ、進学した者であって、過去において高等教育の無償化
のための支援措置を受けたことがないこと。
・保有する資産が一定の水準を(生計維持者が1人の場合は1,250万円未満、2人の場合は2,000万円未満)超えていないこと。
と条件があります。


対象になる学生の学力は?

実は、学力には高等学校在学時の成績だけで否定的な判断しないと規定されています。

本人の現在の学力には関係なく、高校等がレポートの提出や面談等により本人の学習意欲や進学目
的等を確認しそれらの内容をもとに学習意欲が認められれば対象となります。

しかし、大学に入った後もしっかりと条件が規定されており継続して補助を受けるためにはその条件を満たし続ける必要があります。

d3ffc0f346cd56bb71e545e42dd552de_s



大学在学中の継続した支援を受けるには・・

大学等への進学後は、その学習状況について厳しい要件を課せられており、これに満たない場合には支援を打ち切られることがわかっています。

下のいずれかの場合には直ちに支援を打ち切ります。
なお、その態様が著しく不良であり、懲戒による退学処分など相応の理由がある場合には支援した額を徴収することができる。

1.退学・停学の処分を受けた場合
2.修業年限で卒業できないことが確定した場合
3.修得単位数が標準の5割以下の場合
4.出席率が5割以下など学習意欲が著しく低いと大学等が判断した場合


また、以下のようにも設定されています。
次のいずれかの場合には、大学等が 「警告」を行い、それを連続で受けた場合には支援を打ち切る。
1.修得単位数が標準の6割以下の場合
2.GPA(平均成績)等が下位4分の1の場合
(斟酌すべきやむを得ない事情がある場合の特例措置を検討中)
3.出席率が8割以下など学習意欲が低いと大学等が判断した場合

となっています。


対象になる大学は?

対象となる大学、短大、専門学校、高等専門学校にも細かい要件が定められています。

経営に問題がなく十分な教育体制が整っている学校
に限られています。

現段階で対象とされている学校のリストは文部科学省の公式資料で確認してください。
5deaf57c7eb603a2db50e1e3fdc1961a_s


在学中の大学生は?

大学無償化の対象は新入生だけではなくすでに進学している在学生も対象となります。

在学生の場合は自らインターネット上での申込と通学中の大学等による学習状況の申告等が必要になります。
詳細な手続きは各大学等の学生課に相談してみてください。

今後進学する学生については高校在学中に「進学前年度の予約申込」が出来ますが、
手続きができなかった場合も進学後に申込を行うことも可能ですのであきらめずに申請しましょう。



まとめ

いろいろ調べて、幼保無償化と比べてすべての子供たちに支給されるわけではなく一部の家庭が対象になっていることがわかりました。

しかし、実際に対象となる条件の家庭では、子供の進学を費用を理由に諦めていたご家族もあるのではないかと思いました。また、同様に教育費の負担が理由で、子供を持つことをあきらめていたご家族もあるのではないかと思いますがそういった家庭が子供をあきらめなくてもよくなるのではないかと思います。

新制度が始まると、理解するのが難しいこともありますがしっかり調べて子供たちの進学が素晴らしいものになるといいなと思いました。

具体的な詳細は、下記のリンクなどを参考にしてくださいね。

関連サイト:文部科学省
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm